世界のクニヨシクオリティ

Home > 2008年05月

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.05.29 Thu 理系くんの悲劇

理系くんの悲劇という文章を見つけました。引用、一部改変したしたが。

--------------------------------------------------------------------------------------
理系くんの悲劇は、高校の進路別クラス分けから始まります。さらに大学は工学部、理学部などでむさくるしい4年間を過ごし、当然のごとく就職先も男ばかりの理系技術職。理系くんは、文章や美術、音楽などの芸術面で人に感動を与えることよりも、難しい数式を解いたり、実験でキレイなデータを出すことに何よりも喜びを感じます。その結果、数字にはめっぽう強いけど、文章や言葉による表現がちょっと苦手な大人に育ってしまうのです。おまけに仕事はパソコンや機械と向き合っていることが多いので、文系営業マンのよーにコミュニケーションスキルを磨くチャンスに恵まれません。

理系くんは女心をくすぐるメールが書けないため、もし年齢、学歴、収入、身長などのスペックが同レベルだったとしても、場数を踏んできた文系くんにスタート地点から出遅れているのです。

私が実際に会った理系くんの中で好印象だった方々は、メールと大違いでとても楽しかったのですが、ある共通した傾向が見られました。自分が興味のある話題になると突然スイッチが入り、目を爛々と輝かせて熱く語るのに、その他の話題はうまく展開できないのです。時には会話の流れと全く関係ないところに飛ぶので、「へ?なんで今その話なの?」とついていけないこともしばしばでした。

理系くんは芸術的なこと全般に疎いため、おしゃれな人は少数派。見た目がもっさりしている上に口下手なので、第一印象はイマイチかもしれません。しかーし!文系くんに比べて女の子方面の要領が悪いおかげで、一流と呼ばれる大学出身でも独身の割合が高い!当然いい会社に入るので、収入も高め!手に職があるので、転職に有利!元々真面目だし、職場の環境から考えても、浮気の心配なし!と、夫にするならナイスな条件が揃っているのです。学生時代はいいだけ遊んで過ごし、名刺を武器に合コン三昧の文系出身商社マンより、ずーっと誠実そうだと思いません?
----------------------------------------------------------------------------------

まさにその通りです。やはり昔から理系男はそうだったんですね。。。

理系男のコミュニティを作ったきっかけです。
理系男の意識を高めてイメージ改善を目指したいです。
スポンサーサイト

2008.05.24 Sat 最近思うロボットについての話その2

最近思うロボットについてその1ではTOYOTAについて書きました
今日はiRobotっていうアメリカの会社について書きます

ルンバっていう掃除ロボットを作って世界で250万台ですよ
日本でも4万で買えて数万台売れてるらしいんだけど

個人的にはさすが発想がアメリカ的という感じだね
とりあえず実用的で出来るものを作ったという考え方は好き
シンプルでロバスト。その辺は褒めるべき

だけど動きが動きが頭悪かったりいろいろ面倒だったり
その辺は仕方ないのかな
自分の研究の背景にもなってるし


近年は軍事ロボットにも手をだしてるiRobot社
そこの女性会長がこんなこと言ってます


「…(日本の会社は)企業の宣伝のためであるとかブランド認知度を上げることが目標になっており、販売が目的になってはいないのではないでしょうか。ですがiRobot社がロボットを作るときには「売れるロボット」でなければならない…」

いいこと言うね。さすが。
日本でロボットを売ろうとする会社はいつ出てくるのだろうか
日本の大企業にはもっと本気になってほしいな

プロジェクトを成功させる秘訣は?という質問に対し
「小さくて情熱にあふれたチーム、そしてお客様のニーズやロボット製品を本当に大切だと思っているチーム…」

だそうです。情熱ね
ここにいる技術者はどんな人なんだろう
オレみたいな人も入れてくれるかな


話かわるけど、このおばさんじゃなくておねえさん(笑)
きれいな人だけどMITで創設者の一人
去年の国際ロボット展で来日して講演してたみたい
よくロボットベンチャー作る気になったなぁ
どうやったのか聞いてみたいな


ちなみにルンバはオープンインターフェイス。
社会人になったら自分用に改造してあそぼうかな

2008.05.24 Sat 最近思うロボットについての話

最近思うこと。

ロボットに足りないのは知能でもなくしなやかな動きでもなく
ビジネスモデルなのか  ということ

まぁエンターテーメントロボットはおいといて
就活していろんな企業見てもロボットは所詮研究所のオモチャでしかなくて
本気でやろうとしている企業は少ないんですよ

開発チームは数人からセイゼイ30人。
オレを入れてくれる余地はなさそうな気がするね


それなりに本気なのがトヨタ。

度肝を抜く開発体制!トヨタのロボット事業の本気度

あの世界のトヨタですよ。
トップの人(だけ?)が結構本気みたいだけど、人数を倍の200人にするそうで。

そのトヨタの専務の話
…キッチンでの作業を検証してみると,食事の下こしらえや後片づけなど非創造的な家事はロボットに任せ,味付けなど創造的な家事を人間が行うことが…

ほぉ~ 言うねぇ

むしろレシピ通りに決まった量の味付けとかをやるほうが
ロボットは得意と思うんだけどね
大体そういうのって工場とかで野菜切ったりして
高度自動化されたシステムキッチンで自動調理、あとは食器自動洗い機でいいんじゃ

人型ロボットにやらせることないと思うけどな
本当に家事とか介護とか、トヨタのトップの人が思うように出来るのかな


ほかに楽しそうなとこないかな
そもそもオレは本当にずっとロボットやるのかな

2008.05.21 Wed

とりあえず、ブログ。いまさら感あるが
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。