世界のクニヨシクオリティ

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 理系男 > 理系の恋愛話

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.08.24 Sun 理系の恋愛話

「理系」ってGoogleで検索するとTopに出てくるページが

理系のための恋愛論

8年以上300回近く連載しているコラムで
時々これ読むとなるほどなと思うことが多いわけですよ

おもしろかった話があったので紹介します。


これによれば、本人はまったくわかっていなくても、ハタから見ているほうがよくわかる。認めたくない話ですが、自分の苦手としている相手、ライバルのような存在のほうが、客観的にあなたをよく理解している……ということだってあるそうです。

特に恋愛になると、本人はそういうつもりなくても例えば

男性同士で行動しているときはリラックスしてとても楽しそうなのに、女性といると落ち着きをなくしたり、本来の自分を消しているような感じな人がいるそうです。

* 男同士で遊んでいるほうが楽しいと思ってしまう
* 女の子がいると、けっきょくのところ……面倒が多いと思ってしまう
* 女の子とデートして家に帰ると「ああ、疲れた。帰ってきてよかった」と思う
* きょうだいは、男兄弟である。なおかつ、自分は長男
* 趣味がある。もしくは、スポーツをしていて休日はスケジュールが埋まっているが、その趣味やスポーツは男の世界で、女性はほとんどいない
* 男同士で旅行やドライヴに出かけることがある。もしくは、ひとり旅も好き
* 女の子と街歩きをし、カフェでお茶を飲んで話を聞く……といったことが苦手
* これまでの恋愛は、どちらかというと女の子のほうから言い寄られてきた

といった点に当てはまる人はそもそも恋愛する気がない・・・
ということに思い当たらないことがけっこうあるそうです

自分では気づかない自分。自分の知らない自分が意外とある。
他人の方が自分のことをよく分かってたりするので
人に自分のことを聞いてみるのがいいのだそうです。


自分も人に聞いてみようと思います。
そういえば最近親友に何でお前は… って言われたのもそうかもって思った

ちなみに上の項目は6/8当てはまりました
スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。