世界のクニヨシクオリティ

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > ロボット > 最近思うロボットについての話③ ロボットのイメージ

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.06.29 Sun 最近思うロボットについての話③ ロボットのイメージ

最近思うロボットについて シリーズ③

最近思うのが、ロボットっていう単語は危険。
ロボットという単語についてくるロボットというイメージが危険。

危険という表現が適切ではないかもしんないけど
ほかに適切な単語がみつからないからその辺わかってくれたらと思います


というのも、たとえば知り合いとかに
「ロボットの研究してます」
っていうとどんなロボット?って聞かれて
きっとアトムとかガンダムとか頭のどっかで先入観をもって
聞いてくるのですよ。それでさらに軽々しく
「ドラえもん作ってよ」とか「皿洗いロボットにやらせてよ」
って言うのですよ

まぁ一般の人は当然だとは思うけど
ロボットを開発する側からすればそのロボットというイメージは
間違ったイメージで困るのですよ

ロボットというイメージに付属する過大な期待

とでもいうか、現実はそんなものとはほど遠い

ロボットではなく、「機械」というイメージの方が正しいと言える
たとえば自律で動く機械。
自動ドアとか全自動洗濯機とかもある意味れっきとしたロボットです
そういうイメージがむしろ近いかもです

世間が期待するほどロボットは進んでなくてね
特に認知とか環境認識とか、知能の部分がまだまだだと思うのです

現実のロボットはみなさんがイメージするものとは遠いことを
多くの方に知ってほしいと思います
まぁそのイメージをある意味利用して国から予算とったりするのが
ロボットの研究だったりするけどね


最近ロボットについて思うことまだまだ続けます
スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。